公益財団法人 池谷科学技術振興財団 国際交流等研究者派遣

国際交流等研究者派遣

1.助成対象

国際交流等助成(派遣)
過去に当財団の研究助成を受けた者のうち、海外でその研究成果を発表するための旅費
(平成25年度より助成対象者を変更)

2.申請者情報登録および申請書提出期間

平成28年10月1日 ~ 平成28年11月30日

3.申請書の提出方法

 インターネット回線を利用し、当財団のホームページより研究者登録を行い電子メールで送信された申請書(助成金交付申請書 様式1)を当財団ホームページよりアップロードし提出する。

4.助成金額

国際交流等助成 1件あたり 最大50万円(間接経費 10%を含む)

5.助成期間

原則として平成29年4月1日 ~ 平成30年3月31日の1年間。

6.応募資格

(1) 応募する研究者が研究計画の推進に責任を持ち、助成金の管理及び助成期間満了後の報告を確実に行えることを条件とします。
(2) 機関に所属している研究者の場合は、申請にあたり所属機関長(大学の場合は学科長・学部長以上)の承諾が必要です。採択の手続きの際に所属機関長の承諾書(様式17)の提出が必要になりますので、事前に所属機関長の承諾書について所属機関の担当者様にご確認ください。
なお、所属機関長の承諾書の提出は採択決定後の平成29年4月中旬になります。
個々の所属機関の応募者数に上限はありません。
(3) 応募する研究者は、本年度当財団の研究助成に重複して応募は出来ません。
また、当財団の平成28年度の研究助成者は平成29年度の研究助成に応募できません。
なお、他の申請者の共同研究者として名前が記されることは問題ありません。 
(4) 先端材料及びこれに関連する科学技術分野において研究活動に従事する大学院後期課程在籍者およびポスドクは、採択の手続きの際に所属機関長の承諾書(様式17)と合わせて指導教官の推薦状(様式18)提出が必要になります。ただし、研究助成のみの応募になります。
(5) 国際交流等助成(派遣)については、過去に当財団の研究助成を受けた研究者で、その成果を海外で発表する予定のある者とします。

7.助成対象となる費用

国際交流等助成(派遣) *平成25年度より助成対象者を変更
往復国際航空運賃
滞在費:派遣期間に移動日を加えた日数分の日当、宿泊料に区分し積算する。
間接経費
( 間接経費は助成金交付額の10%以内とします。間接経費については応募前に各所属機関の担当者様にご確認ください。)

8.助成の対象とならない研究

営利目的、または営利につながる可能性の大きい研究
他の機関からの委託研究
実質的に完了している研究
(ただし、国際交流等助成(派遣)については成果の発表を目的としているため、この限りではない)

9.助成対象者の義務等

 助成期間満了後に研究の経過・成果、及び会計に関する報告を提出して頂きます。研究の経過・成果は池谷科学技術振興財団のホームページで公開します。
研究成果を発表する場合には、当財団の助成を受けたことを謝辞等に明示(Acknowledge)して頂きます。Acknowledgeした成果発表については、その旨の報告をお願いします。研究成果報告書に記載、または学会発表を行った講演要旨や論文を当財団のホームページより、マイページにアップロードをお願いします。
(1) 報告書提出期限
国際交流等助成(派遣) 帰国の日から3カ月以内

10.選考手続

 当財団の選考委員会にて選考のうえ、理事会にて決定し、平成29年4月上旬に採否を文書または電子メールにて、申請者および所属機関長に通知します。
異動等のあった場合は、当財団のホームページから登録データを修正してください。なお採否の理由についてのご照会には回答致しかねますのでご了承下さい。